大本山 増上寺
浄土宗開宗850年
慶讃事業

ご挨拶

浄土宗開宗850年を迎えるにあたって

元祖法然上人が、浄土宗を開宗されて850年を迎えるにあたり、大本山増上寺では、現代の仏教が最も必要を感じている宗教の重要性を大衆が見直すことが出来る方法を見出すと共に、法然上人が最も熱を込められた「われ浄土宗を立つる心は凡夫の報土に生まるることを示さんが為なり」というご法語に表わされた念仏信仰の実践をここに期するものであります。
浄土宗には日本国内に8つの総大本山がありますが、京都の知恩院と、東京の増上寺は伝法道場とされ、浄土宗僧侶の資格を取得するためには、両本山のどちらかで、12月に行われる修行をしなければなりません。京都の知恩院は総本山として創建以来大きな災害もなく近年修復を行い、永年存続の状態を整えました。東京の増上寺は昭和20年の空襲により大本堂その他が全焼した為、現在迄に適切な修復を施し、近代設備を整えて首都に存在する伝法道場としての役割を果たしています。しかし建設以来五十年余りを経過し、耐震性に不備の点が有る為に躯体等の補強を行い、また損傷の進む屋根瓦を全面チタン瓦に葺き替える等、永年使用可能な万策を講じておく必要性が生じて参りました。伝法の基本は、時代の推移に左右されず、元祖の体験と宗意を誤りなく伝えることであり、作法道場を必要としますので、ここに永年存続を期して適切な対策を施すわけであります。私たちは自己の生命に目を向けた時に、先祖伝来の最先端に自分が存在していることに思いを致し、先人の多大な恩恵に浴していることに感謝と報恩を自覚して、末長く宗教の偉大な存続に務つとめて参りたく存じます。
茲に浄土宗開宗850年を迎え、念仏信仰の現代に於ける活性化を切に願うものであります。

大本山 増上寺 88世 戒誉季生

増上寺からのごあいさつ

増上寺檀信徒をはじめ、管区内御寺院、講中、関係諸団体各位には、平素より増上寺護持興隆のためにお力添えいただき、誠にありがとうございます。
すでにご承知のように5年後の令和6(2024)年は、元祖法然上人が浄土宗をお開きになってより850年の慶讃年にあたります。現代社会は少子高齢化や過疎化、家族制度や後継者問題など、さまざまな課題を抱えており、誰しもが将来への漠然とした不安を持ちながら毎日を過ごしております。しかし、こうした時代であるからこそ、一人一人が確固たる信念・信仰を持ち、実りある人生を実現していきたいものであります。法然上人の浄土宗開宗以来、私達の祖先もまた「いつでも、どこでも、誰でも」が称えることのできるお念仏の教えに導かれて、850年を生き抜いてきたのであります。増上寺は、そうした人々の思いに応え、共々に歩み、増上寺があってよかったと思っていただける本山を目指しております。
開宗850年の勝縁は、増上寺が更なる一歩を進めるための大切な節目と受け止め、山内一同、慶讃事業の推進につとめる覚悟であります。特に、この度は増上寺の象徴的建造物であります大殿と三解脱門の大修理を計画いたしております。直下型大地震に備えての耐震補強は、参拝される皆さまの安心、安全のためにどうしても必要な工事であり、大殿屋根のチタン瓦による総葺き替え、三門の解体修理等を行う予定であります。これら慶讃事業計画を実施するために、今年一月より、全国のご寺院、檀信徒さまに浄財のご寄進をお願いいたしております。
増上寺を直接お支えいただいている各位におかれましては、何とぞ趣意をお汲みとりいただきまして、ご寄進賜りますようお願い申し上げます。

合掌
大本山 増上寺 執事長 友田達祐

慶讃法要

増上寺 法然上人浄土宗開宗850年慶讃法要

日程:令和6(2024)年4月2日~9日(予定)

  • 開白法要
  • 献茶式
  • 浄土宗開宗850年慶讃法要
  • 御忌法要
  • 詠唱奉納大会(増上寺吉水講創立40周年記念大会)
  • 降誕会
  • 結願法要

諸堂宇整備事業

三解脱門解体大修理

三解脱門は元和8年(1622年)に建立された増上寺の中門であり、江戸初期に造営された当時の面影を残す唯一の建造物です。大正4年には、国の重要文化財に指定されています。楼上には、東京都指定有形文化財である釈迦三尊像、16羅漢像が安置されています。約四百年の歴史をもつ三解脱門は、昨今上層柱の傾斜等が進行しており、今まさに改修が必要となっています。歴史を引き継ぎ、後世に残していくため、約10年をかけた解体大修理を行います。

大殿屋根瓦総葺き替え

本堂のある大殿は、昭和49年に建立されてから、まもなく50年の節目を迎えます。長年の風雪に耐えた屋根瓦は傷みが激しく、今後も参詣の皆さまに、安心して安全にお参りいただくためには、瓦の総葺き替えが必要不可欠となっています。この度の総葺き替えでは、瓦の素材に丈夫なチタンを用い、厚さ0.3ミリメートルに加工して瓦を葺くことにより屋根の圧倒的な軽量化を実現し、震災に耐えうる安全な本堂を目指します。
※三解脱門及び大殿に関する事業は2020年東京オリンピック後に暫時着工する予定です。

大殿耐震整備、経蔵・大門・旧方丈門改修、
並びに会館設備更新事業

布教・教化事業

ご寺院・檀信徒さまの思いに応える事業

  • 地方寺院教化支援
  • 地域活性化のための寺院活動支援
  • 参拝檀信徒・一般参詣者への教化活動
  • 菩提寺と在京檀信徒を結ぶ活動
  • 災害時の支援活動

浄土宗開宗850年慶讃布教教化事業

  • 大蔵経データ化
  • 記念出版
  • お待ち受け法要(聖冏上人600年遠忌法要・観智国師400年遠忌法要)
  • 増上寺布教師会記念事業
  • 増上寺吉水講創立40周年記念事業