謹賀新年

 大本山増上寺の檀信徒の皆々様、本年も阿弥陀様の慈光に浴し、良き年でありますよう心から念じております。

 さて本年最初の今月のことばは、『法然上人行状絵図』や『和語燈録』に収録されている「大胡の太郎実秀が妻室のもとへつかはす御返事」より選びました。大胡の太郎実秀は、上野国勢多郡大胡郷(群馬県勢多郡大胡町と前橋市の一部)に住した鎌倉幕府の御家人で、在京の折に法然上人の教化を蒙り、帰郷の後はお手紙を通して教えを受けていられたようです。

 わかりやすいご法語ではありますが、現代文も記載致してみます。

 阿弥陀様がお念仏を本願として誓われたこと、お釈迦様がお念仏を私たちに伝え授けられたこと、あらゆる世界の多くの仏様が念仏者を護り念じて下さること、これらのこと一つ一つがまさに真実なのです(浄土宗総合研究所『法然上人のご法語』)。

 また法然上人の後継者である第二祖鎮西聖光上人も『浄土宗要集』の中で、「念仏はこれ阿弥陀仏の本願なり。念仏はこれ釈仏の教説なり。念仏はこれ六方諸仏の証誠の実語なり」と明快に示されております。

 いずれに致しても阿弥陀様は大慈悲心をもって、万人一人も漏らさず救済するために、ご本願の中心にお念仏の一行を据え、お釈 様は光顔巍巍と輝き、そして最高最善の仏法として阿弥陀様のお念仏の法門を私たちに伝えていただいたのです。さらにその絶対的価値であるお念仏を、あらゆる世界の仏様が素晴らしいと讃嘆されているのです。

 このような完璧完全な仏法は他にはないのであります。私たちもしっかりとお念仏を称えてまいりましょう。

 正月は冥土の旅の一里塚。嬉しくもあり嬉しくもなし。光陰矢のごとし。諸行は無常であります。怠ることなく日々念仏に精進致したいものです。

教務部長 井澤隆明

増上寺