お知らせお知らせ

増上寺三解脱門 調査工事のお知らせ

 国指定重要文化財である増上寺三解脱門(三門)は、前回の本格修復から約50年が経過し、柱の傾斜や組物の破損が目立っています。平成26年の耐震診断では耐風性能の不足や、大地震時に部材が破損する危険性も指摘され、応急処置として部分的に耐震補強が施されました。

 この現状を踏まえ、当山では増上寺浄土宗開宗850年慶讃事業の一つとして、令和の三門大修復工事を計画しており、そのための調査工事を本年行うことになりました。調査工事は本工事の内容、工程、仮設物の建設、事業費等をより具体的に設計するためのもので、令和3年度と4年度に、国と東京都から補助金をいただき、実施致します。

alternate  現場での調査は本年(令和3年)8月から12月末に、三門の境内側の北側半分に足場を建設して行う予定です(通行は可能)。

 ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解ご協力をいただきますようお願い致します。