御忌大会御忌大会

増上寺では、毎年「御忌大会」を盛大に執り行います。
御忌(ぎょき)とは、浄土宗の元祖法然上人の忌日法要のことです。
法然上人は、建歴2年(1212)正月25日、80歳で亡くなられましたが、上人のみ教えは今も私たちの中で輝いています。
御忌を迎えて、法然上人のご恩徳を讃えましょう。

行事の概要

御忌期間中には、様々な行事や催事が行われます。

献茶式

献茶式 4月2日の御忌開白に恒例となった御忌献茶式。表千家・堀内宗完宗匠によって本尊阿弥陀如来と大師前(法然上人)に献ぜられます。
この日は献茶式に因み、 副席が三席設けられます。さらに、献茶式で点てられた御茶を頂戴する、東京長生会による「拝服席」を大殿三階仏間でお楽しみいただけるのも特徴の一つです。
また、市川長生会による「薄茶席」を光摂殿 大広間で、神奈川長生会による「立礼席」を光摂殿講堂でご覧いただけます。合わせて設けられる点心席にも、是非ご注目ください。

※入場には献茶券が必要です。詳細は「献茶係」までお問合せ下さい。

練行列・庭儀式・唱導師法要

練行列 御忌期間中、5〜7日各唱導師による14:00の日中法要に先立ち、法要開始30分前、江戸三大名鐘の一つに数えられる大梵鐘が鳴り響きます。

これを合図に、荘厳服に身を包んだ唱導師を中心として、木遣・寺侍・吉水講・講中・稚児・式衆・法類随喜寺院・総代などの僧俗200〜300名が練行列を行い、古式ゆかしく大門から三門、大殿へと進みます。このお練行列には、可愛いお稚児さんが参列します。お稚児さんは、諸天善神が姿を変えて唱導師をお護りするさまを現わしています。このお役を勤めたお子さんは、丈夫に育つとされています。

庭儀式 唱導師が三門をくぐり境内に足を踏み入れる瞬間、二番鐘の音と共に三門楼上から無数の散華が舞い降り、参集の人々は、まさに極楽浄土と思える光景を目の当たりににします。そして大殿入堂に先立ち、庭儀台に登り、偈文を呪して十方諸仏世尊の降臨を請い、法要の無事円成を祈念する庭儀式を行います。

唱導師法要 本堂内4月5日、日中法要では、「声明法要」をお勤め致します。
縁山声明は関東風の力強い独自のもので、四智讃、伽陀、笏念仏、唱礼等をお唱えします。

4月6日、日中法要は「引声阿弥陀経法要」をお勤め致します。
引声阿弥陀経とは、阿弥陀経に節をつけ、笏で拍子をとりつつ唱え、極楽の八功徳池の波の音の如しと形容されます。

4月7日、日中法要は「浄土法事讃法要」をお勤め致します。
浄土往生を願うために、阿弥陀経に基づいて阿弥陀仏とその極楽浄土の功徳が讃えられます。また4月7日、晨朝法要では、元祖法然上人の降誕会法要をお勤め致します。淑徳高等学校の聖歌隊、増上寺合唱団の出仕により、仏讃歌を斉唱する「音楽法要」です。

舞楽奉納

舞楽奉納 舞楽奉納80年の歴史を誇る大本山増上寺雅楽会の出仕により、御忌期間中、毎日正午過ぎより大殿前舞台において優雅な舞楽が奉納されます。

演目は「春庭花(しゅんていか)」「納曽利(なそり)」「賀殿(かてん)」「陪臚(ばいろ)」「還城楽(げんじょうらく)」「散手(さんじゅ)」「陵王(りょうおう)」などです。

御忌詠唱奉納大会

御忌詠唱奉納大会 3~4日の2日にわたり、大本山増上寺吉水講による「御忌詠唱奉納大会」が開催されます。午前10時からは、参加者全員による御詠歌と、和讃による法要が行われ、午後からは各支部による詠唱奉納が行われます。

経蔵 特別公開

経蔵 特別公開 現在の経蔵は、1802年に大修復されたもので、内部中央には八角形の大輪蔵があります。中に収蔵されていた宋版・元版・高麗版の各大蔵経は、家康公が増上寺に寄進したもので、国の重要文化財に指定されています。(現在は、収蔵庫に移管)

10:00~15:00
※雨天中止

野点

野点 5~7日、境内一角にて黄檗幽茗流(煎茶道)による布施茶が行われます。

※雨天時は大殿ロビーを予定

双盤念仏

双盤念仏 東京教区玉川組慶元寺、本願寺、延命寺の檀信徒による双盤念仏が、三門脇で奉納されます。法然上人の時代から連綿と続く念仏を、独特の節で唱えます。

常念仏

2~7日9:00~16:00、圓光大師堂にて、大本山増上寺布教師会が常念仏を行います。どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越しください

野外伝道

御忌期間中、大正大学浄土宗仏教青年会が、境内において屋外伝道を行います。
浄土宗の将来を担う大正大学の学生が、自ら原稿を起し実践します。

お問い合わせ

御忌大会については、総務部総務課までお問い合わせください。

総務部総務課
TEL:03-3432-1431(代表)
Eメール:info@zojoji.or.jp
※お電話の受付時間は、9:00-17:00となります。
増上寺