盂蘭盆会と新盆精霊大法要

 お盆の正式名称は盂蘭盆会または盂蘭盆といいます。盂蘭盆会の行事は『盂蘭盆経』というお経に由来しているとされ、このような話が伝わっています。

 お釈迦様の弟子である目連が神通力で亡き母を見てみると、餓鬼の世界に落ちて苦しんでおりました。驚いた目連がお釈迦様に教えを乞うと、「夏の修行が終わる7月15日に僧侶を招き、多くの供物を捧げて供養すれば母を救うことができるであろう」といわれました。目連がその教えの通りにしたところ、母親は無事往生することができたといい、ここから先祖の精霊を供養する盂蘭盆会の行事が生まれたといわれています。

 増上寺は毎年7月13〜15日を盂蘭盆の期間とし、最終日の15日に新盆精霊大法要を執り行い、お檀家様や檀信徒の方々を対象に、今年初めてお盆を迎えられる新亡の霊のご回向を致しております。